アフターケア

 

point1 シャワーでよく洗い、汚れを落とします。
約1ヶ月間は、ケアを1日1回おこないます。
ファーストピアスはつけたままで、ピアスホールとその周りを毎日のシャワーでよく洗って、
汚れや垢を溜めないようにしましょう。
汚れを落としたあと消毒してください。
当院おすすめのピアス用ジェルタイプの消毒を購入された方は、お渡しする説明書に従ってケアしてください。
point2 ピアスホールが安定したら、セカンドピアスに差し替えましょう。
ファーストピアスで安定したホールをつくるので、耳たぶで1ヶ月半、軟骨で3ヶ月、
ボディピアスで6ヶ月程度経ってから他のピアス(セカンドピアス)へ差し替えましょう。
差し替えるときは鏡を見ながら、ゆっくりと自分で慣れるまで練習しましょう。
ホールが完全に定着するまでには1年~1年半かかります。
point3 キャッチの締めすぎに注意しましょう。
キャッチや金具により皮膚が圧迫されすぎると、血行不良になり炎症を起こしやすくなり、
ひどくなるとキャッチやピアス自体が埋没してしまうこともあります。
軸の長さや形状を考慮してピアスを選びましょう。
point4 トラブルを感じたら早めに医師の診察を受けましょう。
ピアスの素材にかぶれたり、化膿し、腫れたり痛んだりすることや体質によりケロイドを引き起こすことがあります。
症状に応じて処置を行い、お薬処方をしますので早めに診察にお越し下さい。
トラブルの処置の際はピアスホールを残して治すことも可能ですので、ご相談ください。

 

052-262-4555
ピアスの穴あけにご予約は不要です。直接ご来院ください。

pagetop